生活

[無料で読める]鬼滅の次に来る!漫画 怪獣8号!

鬼滅の刃に続き、すごい勢いで人気を出してきているのが、

漫画『怪獣8号』です。

本記事でそんな怪獣8号について紹介します。


すでに結構人気が出てます…

スポンサーリンク

漫画『怪獣8号』とは

『怪獣8号』は怪獣が出現する世界が背景(主に日本が舞台)で、怪獣死体処理の仕事をしている主人公が怪獣になる力を手に入れ、怪獣を討伐する組織『日本防衛隊』に入隊し、怪獣を討伐する。というストーリーです。

主人公は意図せずに怪獣の力を手に入れてしまいます。怪獣の死骸処理業務中に怪獣に襲われて、怪獣になったという経緯です。

怪獣の姿には任意で変身でき、普段は人間の姿でずっと憧れていて、やっと入隊できた怪獣の討伐を行う『日本防衛隊』で働いています。

主人公の怪獣の力は群を抜いていて、『日本防衛隊』のエリートたちも抑える力を使えますが、世間的には怪獣は討伐対象のため、主人公も例外ではなく、討伐の対象となっているので注意しながら怪獣に変身しています。

当初、主人公が怪獣であることは同じ怪獣死骸処理の仕事をしていた同僚(同時期に日本防衛隊に入隊)と主人公と同時期に入隊したエリートの女の子しか知りませんでした。

そんな背景の中、変身した主人公は『日本防衛隊』に見つかってしまい、人型の怪獣『怪獣8号』と認定されます。

晴れて討伐対象と正式に認定された主人公ですが、『日本防衛隊』で働く中で、仲間を守るために怪獣の力を使わざる得ない場面に出くわし、怪獣となってしまっています。(主人公は人型だとめっぽう弱いです。ただ、怪獣の死骸処理の経験から怪獣の体についての知識があり、頭脳面で役立っています。)

主人公なので早々討伐はされないと思いますが、怪獣8号は世間に安全な怪獣として認められるのか、気になるところです。

怪獣8号にはどんな敵が出てくるのか?

敵として出てくるのは、まずはもちろん怪獣たちです。

怪獣たちは出現して暴れますので、彼らを討伐していかないといけません。

基本的にはあまり知識を持たない、野生の怪獣たちがほとんどですが、
知識を持った人型の怪獣がストーリ中に多数登場します。

その怪獣たちは手強く、強敵ばかりとなっています。

主人公と同様に意図せずに怪獣になった、という感じではなさそうです。

野生の怪獣たちを回復させたり、ヨシヨシしているので怪獣側の存在のようです。

『日本防衛隊』の隊員を襲っていることからも敵であることが決定付けられていますが、
存在自体は謎の状態です。

『怪獣8号』の主要な登場人物

日比野カフカ(ひびのかふか)

・主人公。怪獣8号とも呼ばれている。
・『日本防衛隊』の隊員
・『日本防衛隊』の隊長『亜白ミナ』を幼馴染にもつ
・怪獣死骸処理の仕事をしていたため、怪獣の体に詳しい。
・防衛隊スーツのセンスは皆無

亜白ミナ(あしろみな)

・『日本防衛隊』の隊長
・主人公の日比野カフカと幼馴染。

市川レノ(いちかわれの)

・『日本防衛隊』の隊員
・主人公の日比野カフカと怪獣死骸処理の仕事をしていたが、主人公と同時期に『日本防衛隊』に入隊。
・入隊後、戦闘力をあげ、エリート達と肩を並べ始めている。

四ノ宮キコル(しのみやきこる)

・『日本防衛隊』の隊員
・主人公の日比野カフカと同期入隊。同期の中で最も優秀。
・『日本防衛隊』長官の娘

保科宗四郎(ほしなそうしろう)

・『日本防衛隊』副隊長
・主人公の日比野カフカを笑いの対象として気に入っている
・接近戦に強い
・糸目で関西弁

『怪獣8号』読んでみての感想

「進撃の巨人」や「僕のヒーロアカデミア」といった戦闘アクション系の漫画が大好きな方は好きだと思います。

絵もごちゃごちゃしていなくて読みやすいですし、何より次が気になるストーリー性があります。

主人公の怪獣の力も未知数、現れる怪獣たちも未知数なので
ストーリーに発展性が大いにあります。

主人公が怪獣になるか、巨人になるか、という違いで言えば、『進撃の巨人』の主人公に境遇は似ているかもしれませんね。キャラは全く違いますが笑

おいおいは怪獣8号は味方だと認識されれば良いですね。

『怪獣8号』は2020年7月にジャンプ+で連載開始しているので、これから読む人も全然間に合います。また、最新話は無料で読めますので、ぜひ読んでみて下さい。

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク