生活

【おすすめの入門本】Python(パイソン)1年生を徹底レビュー!

本記事ではプログラミングど素人、初心者の私が、

最近人気のプログラミング言語であるPython(パイソン)の

おすすめの入門本である『Python(パイソン)1年生』について、

学べることや実際に勉強してみた結果を紹介します。

スポンサーリンク

【おすすめの入門本】Python(パイソン)1年生とは?

『Python(パイソン)1年生』は題名からもわかるように

プログラミング言語のPython(パイソン)について

基礎から、簡単な実践編まで学べる参考書となっています。

対話形式で説明がされていて、

数あるプログラミング言語の参考書の中でも

かなりわかりやすい本だと思います。

本書での最終到達点として、

簡単な人工知能を作ることができます。

【おすすめの入門本】Python(パイソン)1年生で学べること

『Python(パイソン)1年生』で学べることは大きく下記の通りです。

・Python(パイソン)のインストール方法(mac及びwindows)
・Python(パイソン)で簡単なプログラミング(おみくじプログラム、カメがお絵描き)
・プログラミングの概念や仕組みを勉強(プログラミングとは何か?if文やfor文の使い方等)
・アプリ作成(ボタンで操作するアプリ、画像ファイル読み込み)
・人工知能についての勉強
手書きの数字画像を読み取り、判断する人工知能作成

基礎的なところから、

人工知能を作るという実践的な内容まで盛り込まれていて

非常に身になる内容であることがわかります。

 

↓これを2と判断する人工知能を作ります。

2の画像

【おすすめの入門本】Python(パイソン)1年生で勉強してみた結果。progateと比較

個人の感想ですが、

結論としてはPython学習の点においては

『Python(パイソン)1年生』から勉強することをおすすめします。

理由は下記の通りです。

・本書の方が基礎的なところが豊富
・対話形式で素朴な疑問も解決しやすい

私の勉強の順序としてはprogate(プロゲート)という月1000円程度で

学べるオンライン学習にてプログラミング勉強を始めました。

ただ、Progateはコードを実際に書いていく勉強方式で

実践的な点は良いのですが、

細かい内容が省略されがちで、

Progateだけだと初心者の理解度が下がると感じました。

○○するファイルを作ろう!はいいのですが、

細かい関数やコードの説明が省かれていることが多い。

それに比べて、Python(パイソン)1年生では

基礎的なところ(特にコードや関数)の解説が多いです。

また、かなり達成感のある人工知能の作成までできるので

かなり知識が深まると思います。

【おすすめの入門本】Python(パイソン)1年生の口コミ、評価

下記のような口コミが多いですね。

・初心者に優しい
・細かい内容まで記載されていてわかりやすい

初心者のPython学習の参考書としては

評価が高いですね。

まとめ

Python(パイソン)1年生は初心者に

かなり優しい参考書となっています。

その上、実践的な内容があるとともに、

人工知能作成まで踏み込んだ内容になっているので、

これからPythonを勉強する方には

かなりおすすめの本ですので、

ぜひお試しください。

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク