生活

[バイク乗り必見]失敗しない電気手袋選び

雪が降るような寒い日、皆さんはどのような防寒していますか?

私は通勤を一部バイクでしていますので、
防寒着に加え、手袋も良いものをが必要となっています。

そんな同じ境遇の方へ

本記事では失敗しない電気手袋を紹介していきます。

電気手袋の選定ポイント

私が電気手袋を選ぶにあたり、考慮したポイントは以下です。

・防寒性
・防水性
・USB充電式か
・手袋の耐久性
・価格

風にさらされても、雨の中走っても、簡単に充電できて、長いこと使える。をポイントに
選んでみました。どれがかけても楽はできないですからね。

これらを踏まえたおすすめ商品を紹介していきます。

3000円以下の電気手袋

電熱グローブ(エディレス)


【素材】PE(ポリエステル)
【性能】防風、防寒、防水、滑り止め、携帯操作可能
【サイズ】長さ31cm、幅14cm
【適合モバイルバッテリーサイズ】9×6.3×2.2
【感熱時間】10秒
【価格】2399

おすすめの小型バッテリー

モバイルバッテリー 10000mAh
寸法88×62×22
価格1780円

内臓するバッテリーは2つ必要なので、手袋と合わせると、
6000円近くになってしまうので、少しコスパはよくないですね。
まぁ、バッテリーはスマホなどでも利用できますが。。

電熱グローブ(ブティック店)


【素材】PU(ポリウレタン)
【性能】防風、防寒、防水、滑り止め、携帯操作可能
【サイズ】長さ27cm、幅12cm
【適合モバイルバッテリーサイズ】バッテリー内臓箇所なし
【感熱時間】3〜4分
【価格】1548円

バッテリーは外付けなので、サイズを気にする必要はないですが、ポケットまで
コードを伸ばす必要が有り、面倒ですね。

3000円〜7000円の電気手袋

電熱グローブ(CHAMPION CRAFTS)


【素材】PU(ポリウレタン)
【性能】防風、防寒、防水、携帯操作可能
【サイズ】長さ33cm、幅12.5cm
【付属バッテリー】2つ
【感熱時間】10秒
【価格】3580円

バッテリーがついて、この値段だと、調べた中では一番コスパが良いのではないでしょうか。
素材がポリウレタンなので、何年も使うのには不向きですが、
何年かおきに、劣化してきたら買い換えるようにすれば問題なさそうですね。

実際に、こちらを買ってみましたので、レビューは後半で記載してます。

電熱グローブ(CosHall)

【素材】ナイロン
【性能】防風、防寒、防水、滑り止め、携帯操作可能
【サイズ】長さ31cm、幅14cm
【付属バッテリー】2つ
【感熱時間】10秒
【価格】6599円

バッテリーも付属しており、素材はナイロンなので、比較的長持ちし、使いやすい商品ではないでしょうか。ただ、これよりも安い商品もあるので、性能上大きく変わらないのであれば、他の商品でも良いかと思います。

10000円〜の電気手袋

 

 

 

電熱グローブ(CHAMPION CRAFTS) レビュー

電熱グローブは初購入でしたので、

リーズナブルな3500円程度の『CHAMPION CRAFTS』という中国メーカーの

商品をAMAZONで購入しました。

大きさや外観は下記の感じです。

サイズ感はフィットし良い感じでした。

ただ、よくない点が2点ありました。

1点目がバッテリーが入っていなかった点です。

本来付属品として、グローブに内臓できる小型バッテリーがあるはずでしたが、

入っていませんでした。

2点目が全然暖かくない点です。

充電コードで直接つないで体験しまいたが、

カイロより暖かくないです。笑

ほんのりは暖かいですが…

やはり安い商品はだめですね。

スポンサーリンク

まとめ

バイク乗りには欲しい電熱グローブを紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか。

3000円台の商品はせっかく買ったけど

暖かくないことが多そうなので、おすすめできません。

10000円程度の商品を買うと失敗がないと思いますので

ご検討ください。

 

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク