生活

JR東日本の企業分析をしてみた

JR東日本の企業分析をしてみたので紹介します。

スポンサーリンク

JR東日本とは

東日本を中心に旅客鉄道を運営する鉄道事業者。

正式名称は東日本旅客鉄道株式会社。

本社は東京都渋谷区代々木。

グループ理念

私たちは「究極の安全」を第一に行動し、 グループ一体でお客さまの信頼に応えます。 技術と情報を中心にネットワークの力を高め、 すべての人の心豊かな生活を実現します。

行動指針

【安全の追求 】
「究極の安全」を追求し、 お客さまに安心を届けます。

【お客さま志向】
質の高いサービスを提供し、 お客さまのご期待に応えます。

【地域密着 】
ネットワークの力を活かし、 地域社会の発展に貢献します。

【自主自立】
広い視野と挑戦の志を持ち、 自ら考え、自ら行動します。

【グループの発展 】
社会的責任を果たし、 グループ一体で持続的な成長をめざします

JR東日本の事業内容

主な事業内容は下記の通りです。

・運輸事業
・流通・サービス事業
・不動産・ホテル事業
・その他

・運輸事業

2020年度収益額:10957億円(全体の%)

・流通・サービス事業

2020年度収益額:3180億円(全体の%)

・不動産・ホテル事業

2020年度収益額:2712億円(全体の%)

・その他

2020年度収益額:795億円(全体の%)

 

行っている業種↓

・旅客鉄道事業
・貨物鉄道事業
・旅客自動車運送事業
・索道業
・旅行業
・倉庫業
・駐車場業
・広告業
・図書・雑誌の出版業
・金融業
・前払式支払手段の販売業及びゴルフクラブ会員権、テニスクラブ等のスポーツ施設利用権等の販売業
・電気通信事業
・情報処理及び情報提供サービス業
・損害保険代理業その他の保険媒介代理業
・自動車整備業及び石油、ガス等の燃料、自動車用品の販売業
・旅行用品、飲食料品、酒類、医薬品、化粧品、日用品雑貨等の小売業
・旅館業及び飲食店業
・一般土木・建築の設計、工事監理及び工事業
・設備工事業
・電気供給事業
・動産の賃貸業及びイベントに関するチケット販売、クリーニング、写真現像等の取次業
・不動産の売買、賃貸、仲介、鑑定及び管理業
・輸送用機械器具製造業
・精密機械器具及び一般産業用機械器具製造業
・看板・標識案内板等の製造・販売業
・遊園地、体育施設、文化施設、学習塾等の教育施設、映画館等の経営
・清涼飲料水、酒類の製造及び水産物の加工・販売業
・骨材・石工品及びコンクリート杭・ブロック等の製造・販売業

 

JR東日本の経営状況

経営状況は2020年度期末決算によれば

営業収益及び運輸収入が2期連続で減収し、過去最低となっており、

不調と言えます。

期末決算として、初めて営業損失、経常損失、当期純損失を計上しています。

全て新型コロナウイルスの影響の結果と言えます。

経営状況はコロナに関わらず、売上高、営業利益、純利益は好調で

 

JR東日本の株価

2021年4月30日現在のJR東日本の株価は下記の通りです。

コロナの影響で株価は一度下がってしまいましたが、

徐々に持ち直してきているように見えます。

同業と比較したJR東日本の強み

※口コミなどによるものです。

・首都圏の通勤輸送を担っている。
・不動産として駅前一等地に数多く保有
・suica事業等、鉄道業意外にも業務を推進している

同業と比較したJR東日本の弱み

※口コミなどによるものです。

・固定費が莫大
・新しいことにチャレンジする風土がない

まとめ

JR東日本は首都圏を中心とした鉄道業を軸として

収益を得ている会社である。

また、鉄道業のみならず、不動産業やSuica事業なども推進しており、

各鉄道会社と比較するとチャレンジ精神がある方に思えます。

今はコロナの影響で、期末決算で初の赤字計上が出てしまっていますが、

これから持ち直していく可能性がありますね。

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク