生活

経営破綻?JALの企業分析をしてみた

航空会社である、『JAL』について企業分析したので紹介します。

スポンサーリンク

JALとは

JALの正式名称は日本航空です。

設立は1951年8月1日

本社は東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビルにあります。

従業員数13,869人(2020.3)

連結従業員数35,653人(2020.3)

資本金及び資本準備金 3兆558億4500万(355845,000,000円)

JALの事業内容

企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

『全社員の物心両面の幸福を追求する』
⇨社員がJALで働くことにがよかったと思える企業づくりをすることが
お客様への最高のサービス提供につながる。

『お客さまに最高のサービスを提供』
⇨安全を第一に世界一の定時性、快適性、利便性を提供するということ。

『企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献』
⇨社員が採算意識と不屈不撓の精神をもち、公明正大な方法で利益をあげ、株主配当、納税、社会貢献等を行う。
【不屈不撓】強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま。
【公明正大】私心をさしはさまず、公正に事を行うこと。

経営理念をJALフィロソフィを実践して目指す。

JALフィロソフィ

フィロソフィとはつまり、哲学です。

 

第1部 素晴らしい人生を送るために

第1章 成功方程式(人生・仕事の方程式)
人生×仕事の結果 = 考え方×熱意×能力

第2章 正しい考え方を持つ

第3章 熱意を持って地味な努力を続ける

第4章 能力を必ず進歩する

第2部 素晴らしい JALとなるために

第1章 一人ひとりがJAL

第2章 採算意識を高める

第3章 心をひとつにする

第4章 燃える集団になる

第5章 常に創造する

事業内容

  • 定期航空運送事業及び不定期航空運送事業
  • 航空機使用事業
  • その他附帯する又は関連する一切の事業

JALの経営状況

経営計画

2020年4月現在、

2018年12月に受けた飲酒事例などによる事業改善命令の反省をもとに

「2017~2020年度 JALグループ中期経営計画ローリングプラン2019」が策定されている。

重点ポイント

「ネットワークを磨き上げる」
・グランドデザイン「世界主要500都市への乗り入れ」の早期実現を目指す
・中長距離LCC事業による新たなマーケットの創出
⇨上記により、多様なニーズにお応えできる旅客事業のポートフォリオを構築

「商品サービスを磨き上げる」
・スマート空港の実現
(新自動チェックイン機増設、顔認証によるOneID、自動化ゲート等)

「事業領域を拡げる」
・航空需要を喚起する新たな事業・サービスを創造する

「人財×テクノロジー」
・次世代の航空人材の養成

 

JALの株価

2021年4月18日までの5年間のグラフです。

2020年1月から新型コロナウイルスにより株価が暴落。

徐々に回復していますが、まだコロナ流行以前の元気はないですね。

同業と比較したJALの強み

・日本の航空業界におけるシェアが高い

市場規模3兆4100億円のうち、1兆3400億円を占める。

・2010年の経営破綻を機に経営体制を再構築した

・ANAと比べて利益率が高い

まとめ

JALについて分析した結果を紹介しました。

2010年に経営破綻した企業ではありますが、

市場規模に対して、高い売り上げを誇っている一流企業ですね。

コロナの影響もあり、経営は良いとは言えませんが、

今後も期待できる企業です。

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク