生活

【2021年版】音漏れせず、安い!おすすめのワイヤレスヘッドホンを紹介!

本記事では音質が良い、音漏れしない、価格が安い等の基準で選定したおすすめのワイヤレスヘッドホンについて紹介します。

スポンサーリンク

ワイヤレスヘッドホンの種類及び選定条件

ワイヤレスヘッドホンの種類はどんなものがある?

ワイヤレスヘッドホンには大きく分けてオープン型、クローズド型の2種類があります。

オープン型

耳と逆側(外側)についている『ハウジング』と呼ばれる外装がメッシュ等、音を通す素材でできている型

クローズド型

耳と逆側(外側)についている『ハウジング』と呼ばれる外装がプラスチックや木材等で音を通さないようにできている型

つまりは、音漏れが気になる方は『クローズド型』で探した方が良いということです。

ワイヤレスヘッドホンの選定条件

選定条件は下記の項目を条件とします。

・音質(コーデックによる比較)
・価格の安さ
・バッテリーの持ち
・ノイズキャンセリングの有無
・内臓マイクの有無

 

コーデック

Bluetoothで音声を伝送する際における音声の圧縮形式。『SBC<AAC<apt-X<LDACの順に音質がよくなる。

おすすめのワイヤレスヘッドホン5選!

 JBL T450BT 

 

音質(コーデック):SBC
価格:       5,368円(税込)
バッテリーの持ち: 11時間
ノイズキャンセリングの有無:
内臓マイクの有無:

audio-technica SOLID BASS ATH-WS330BT

音質(コーデック):SBC/AAC
価格:       6,980円(税込)
バッテリーの持ち: 最大約70時間
ノイズキャンセリングの有無:
内臓マイクの有無:

ソニー WH-CH510

音質(コーデック):SBC/AAC
価格の安さ:    4,459円
バッテリーの持ち: 最大約35時間
ノイズキャンセリングの有無:
内臓マイクの有無:

Pioneer SE-MJ553BT

音質(コーデック):AAC
価格:       3,100円(税込)
バッテリーの持ち: 最大約15時間
ノイズキャンセリングの有無:
内臓マイクの有無:

Anker Soundcore Life Q30

音質(コーデック):AAC/SBC
価格:       8,990円(税込)
バッテリーの持ち: 最大約40時間(ノイズキャンセリング)、最大約60時間(通常)
ノイズキャンセリングの有無:
内臓マイクの有無:

各社商品比較

商品名 音質
(コーデック)
価格 バッテリーの持ち ノイズキャンセリングの有無 内臓マイク 総合評価
T450B(JBL)


SBC

5,368円(税込)

最大約11時間

2.6
ATH-WS330Bx(audio-technica )

SBC/AAC

6,980円(税込)

最大約70時間

3.8
WH-CH510(ソニー )

SBC/AAC

4,459円(税込)

最大約35時間

3.5
SE-MJ553BT(Pioneer)

AAC

3,100円(税込)

最大約15時間

3.3
Soundcore Life Q30(Anker)


SBC/AAC

8,990円(税込)

最大約60時間

3.5

 

まとめ

本記事では音質が良い、音漏れしない、価格が安い等の基準で選定したおすすめのワイヤレスヘッドホンについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

音質については、各社のレベルは同じようなところですが、バッテリーの持ち(連続再生時間)であったり、価格等に差が生まれてきています。

私は価格は最も高いですが、唯一ノイズキャンセリングのついている『Soundcore Life Q30(Anker)』を購入してみました。

↓レビュー記事はこちら

Ankerのヘッドホン!Soundcore Life Q30の商品レビュー!Ankerのヘッドホンである『Soundcore Life Q30』を実際に購入したので、商品レビューしていきます。...

ワイヤレスヘッドホンの購入を検討されている方は、自分の重要視する項目にあった商品を選定してみてください。

ABOUT ME
chimal
✔️30歳サラリーマン💼 ✔️2児の父 ✔️カネキンさんみたいなフィジーカーを目指して筋トレ中💪
スポンサーリンク

スポンサーリンク